Xmas 1997
     父親がサンタクロース

| Top | Page1 | Page2 | Page3 |

 本当はサンタクロ〜〜ス

 今年も、また我が家にサンタクロースが来ました。

 今年で7年目です。
 最初の2年は、赤いパジャマで出現。
当時2才だった長女はサンタを見て大泣きしました。
 この泣きじゃくる子供を抱いて髭をスリスリしてもっと泣かすのがわたしは大好き
でした。
 3年目に、父がサンタの服セットを買ってくれましてそれから本格的になりまし
た。

プレゼントの袋はシーツを縫い合わせて作ってもらいました。

 毎年サンタの印象を聞くのが楽しみになっています。
 4年前→「サンタさんの後ろの髪は黒かった」(長女)
 翌年は、後ろ髪と髭を50%増毛。
 3年前→「サンタさんは、とーさんの目をしてた。」(次女)
 2年前→レインボーサングラスをして登場。(これで目は見えまい)
     「サンタさんは、とーさんの声をしてた。」(次女)
 去年 →「レインボーグラスをして、ボイスチェンジャーを持ったサンタ」が登場
      しました。
     (これで、目も声も大丈夫)
     「でもなんで髭が綿なんだろうねー。」(次女)突っ込み役はおまえか
      い。

 今年の2月に父が亡くなったこともあり、今回のクリスマスは「自粛」というのを
子供たちには告げていました。
 「なんでサンタさんは来てくれないの??」とブーイングの嵐でしたが、これが今
回の趣向のイントロでした。

| Top | Page1 | Page2 | Page3 |